NKC


ガス溶接

(最少人数の3名に達しない場合は開催されないこともあります)

酸化アセチレン溶接(英:OxyAcetylene Welding - OAW)とは、トーチに点火するための燃焼ガスと酸素を使用して、材料を溶かして接合する溶接である。

ガス溶接は、溶接の他に溶断、加熱加工等にも使われており、電気を必要としないので、電気のないところでも作業可能である。

最も一般的なガス溶接は、アセチレンガス(燃料となるガス)と酸素(助燃性ガス)の混合ガスを使う。アセチレン以外のガスは、火力が弱いため温度が低くなるが、使用は可能である。これらガスを取り扱うことは危険を伴うことであり、不注意により事故を起こした場合は取り返しのつかない災害になるので、命がけの作業であることを忘れてはならない。

一般コース 学科: 日本語
学科試験: 日本語
外国の方でも日本語の教科書を読める方は、一般扱いで受講が可能です。
この場合、事前にご来所のうえ、確認させていただきます。
外国人コース 学科: 日本語
学科試験: 英語、ポルトガル語、スペイン語、インドネシア語、ベトナム語。
補助テキスト:英語、ポルトガル語、スペイン語、インドネシア語、中国語の5カ国語のみ。


コース  受 講 条 件  講習時間 日数 一般コース受講料
(教科書代、税込)
外国人コース受講料
(教科書代、税込)
学科 実技 合計
A 特になし 8h 5h 13h 2 13,000 18,000